芸能事件録

芸能事件を振り返ります

タグ:破局

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/07/07(木) 12:30:12.38 ID:CAP_USER9.net
嵐の二宮和也の熱愛報道が「女性セブン」(小学館)から出た。お相手は『news every.』(日本テレビ系)のスポーツキャスターを務める伊藤綾子アナウンサーとのこと。
出会いは『24時間テレビ』(同)など番組共演だそうだ。

二宮の自宅である都心の超高級マンションに出入りする伊藤の姿がたびたび目撃されているようだ。
多忙な二宮にご飯を作ってあげているという情報も。ファンの間では「他の芸能人の部屋では?」「憶測っぽい」という声もあるが、果たして……。

二宮といえばこれまで、長澤まさみや佐々木希など年下のキレイどころと熱愛報道が出たが、今回のお相手は年上の35歳。
報道が事実なら、いよいよ嵐初の「結婚か」なんて声も出てくるが……。

「今をときめく嵐のメンバーですからね。結婚というのはジャニーズ事務所としてもそう簡単には認めないでしょう。
昨年には同じく嵐の大野智にも熱愛が発覚しましたが、発覚した瞬間に破局したなんて情報も……。
一部では『熱愛発覚したら即破局』の口約束まであったなんて話もありますし、
今回もそのパターンになる可能性はあるでしょう。とはいえ二宮も33歳ですしね……」(記者)

嵐といえば松本潤も女優の井上真央と結婚目前と度々騒がれているが、ゴールインには至っていない。
嵐のメンバーで既婚者は一人もおらず、誰が最初に結婚するのかは興味があるところ。

ファンの間では「伊藤さんがジュリーやメリーにいじめられないか心配」「ジャニーズは容赦しないからなあ」など、お相手の伊藤を心配する声が多数。
SMAP解散騒動や吉田羊の熱愛の件で、ジャニーズがいかに「強行」に出るのかを世間は認識しているということか。

ハードルだらけの熱愛報道だが、交際が事実ならめでたいことなので、これで破局などとというつまらないことは言わず、幸せな日々を過ごしてほしい。
年齢を考えれば、ジャニーズが目くじら立てるほどのことではないように思うのだが……。

http://dailynewsonline.jp/article/1158807/
2016.07.07 10:23 ビジネスジャーナル
続きを読む

1 名前:忍次郎 ★@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/05(金) 19:50:44.04 ID:???*.net
 歌舞伎俳優・片岡愛之助(43)が5日、大阪市内でデイリースポーツなどの直撃取材に応じ、タレント・熊切あさ美(34)とは、
「もう終わりました、終わりましたよ、とっくに」と繰り返し、きっぱり破局を明言した。
5月28日に週刊誌で紀香との“熱愛”が報じられ、同29日にテレビで熊切が号泣破局否定するなど、泥沼破局騒動となっていたが、
今回の件で愛之助が記者の取材に応えたのは初めて。

 愛之助はこの日夕、大阪・MBSの情報番組「ちちんぷいぷい」に生出演。
番組終了後の午後6時に同局の正面玄関から「お疲れ様です」と笑顔で堂々と姿を見せた。

 「騒動は収まりつきそうですか?」と質問すると、「僕が話すと水掛け論になると思うので話さなかったんですが…」
とこれまで沈黙を守ってきた理由を説明。読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」にVTR出演し、
「(別れて)ないです」と涙で破局を否定した熊切への不満をにじませた。

~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

デイリースポーツ 2015年6月5日
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/06/05/0008095441.shtml
続きを読む

岡田准一と蒼井優は破局していたと大仰に報じられている。

情報詳細クリック


蒼井がNHK大河ドラマ「龍馬伝」に、主人公・坂本龍馬(福山雅治)と恋仲になる長崎の芸妓役で出演予定で、岡田より福山龍馬、つまり仕事を選んだということで、(4月12日16時57分配信 夕刊フジ)メディアによっては、岡田よりも福山雅治を選んだことになっている。

だが、破局は「夏から秋にかけ」「それぞれ仕事が多忙で、すれ違いが生じたこと」らしい。

2人の関係は、2008年9月に「相合い傘でお泊まり熱愛」が写真誌に激写されて発覚。だが、当時から『日刊サイゾー』(9月2日付)は懐疑的だった。

ジャニーズ事務所が珍しく寛大なコメントを発表したことや、V6はコンサートツアーの真っ最中、蒼井も主演映画『百万円と苦虫女』が公開中、大野智の大麻疑惑から目をそらしたい、といった事情から出たものだなどともいわれた。

岡田は現在、ジャニーズ事務所の中でも期待されているタレントの一人だ。

かつては、優香とも若気の至りがあったが、今は仕事に対して目的意識を持って頑張れる立場にある。そのへんも「破局」に踏み切った原因かもしれない。

情報詳細クリック

↑このページのトップヘ