芸能事件録

芸能事件を振り返ります

タグ:育ての親

smapsmap
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/08/19(金) 16:26:44.37 ID:CAP_USER9.net
一連のSMAP報道の中で、幾度となく名前が浮上したのが元チーフマネージャー・飯島三智氏である。
1月に分裂・独立騒動が明るみになった後、結局、飯島氏だけがジャニーズ事務所から去っていった。
SMAPの“育ての親”と呼ばれる彼女の結末にしては、どこか寂しさを感じずにはいられなかったものだが、表に出ない人物であるがゆえに想像しにくいのもまた事実。
そこで、実際に飯島氏と対面したことがある関係者に話を聞いたところ、「マネジャーというより、もはやプロデューサーというイメージ」との証言が飛び出した。

飯島氏の印象を語るのは、あるテレビ局の関係者。

「私が知っている飯島さんは、とにかく“連続ドラマのプロデューサー”みたいな存在感と、影響力のある人でした。
制作発表会見から撮影現場まで、彼女がいる時は絶対に彼女が中心になる。キャスティングや台本にも口を挟むし、
ヘタをするとヒロインを“指定”してくることも。私が知る限り、ここまでするマネジャーは彼女くらいでした」

さらに、飯島氏を取り巻く人々も、彼女を“プロデューサー扱い”していたとか。

「会見でも現場でも、飯島さんが姿を現した瞬間に局のスタッフが彼女に群がる。
それはもう、下っ端から幹部までその場にいる者は全員です。
そして“ヨイショ祭り”が始まって、まるで女大奥か大名行列状態になっていました。
だから、彼女のイメージは『ゴマすりの大人達に囲まれた人』ですね」(同)

似たような話は、別の撮影スタッフからも。

「飯島さんは高級ブランドのバッグが好きみたいで、いつもバーキンを小脇に抱えていました。
スタッフの間では、『あれはフジテレビのプロデューサーからの贈り物らしい』
『あっちはTBSの幹部からのプレゼントだって』など、ヒソヒソ話がよく繰り広げられていたものです」

一方で、そんな飯島氏の見た目については、

「特に大物オーラは感じず、パッと見は“疲れたおばちゃん”といったところでしょうか……。
口元は常にへの字で、若いスタッフなんかは『怒っているのかな?』と、怖がる子も多かったです」(同)

と、苦笑い。

今回、SMAPの解散が正式に決まったことで、再び飯島氏に注目が集まっている。
一部では、飯島氏は完全に芸能界から手を引いたとも報じられていたが、この先、ジャニーズを退社するメンバーが出てくれば、
飯島氏とタッグを組んで新たな活動が展開されることもあるとみたれている。
何よりも、彼女が動くことで救われるメンバーがいるのなら、“育ての親”として手を差し伸べてほしいと願わずにはいられない。

http://dailynewsonline.jp/article/1182219/
2016.08.19 09:00 トカナ
続きを読む

smapsmap
1 名前:三毛猫 φ ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/16(火) 10:34:51.30 ID:CAP_USER9.net
国民的グループ・SMAPの解散を巡り、ジャニーズ事務所の“長男”でもある歌手の近藤真彦(52)が大きなショックを受けていることが15日、明らかになった。1月に解散・分裂騒動が収束した直後には、所属タレントを集めて大食事会を行うなど、グループの存続を願っていた1人。普段から本人たちの決断を尊重する考えを持ちながら、衝撃は計り知れない。5人は大先輩ら多くの人を悲しませても解散を決断した。その真相に迫った。

 誰も望まなかった「解散」という結論に、誰より心を痛めているのは近藤だ。関係者が「(一時グループ存続が決まった)1月のときは、自分が声をかけて“お帰り会”をやった。(解散は)自分たちで決めたことだから、という考えだけど、ショックは大きい」と思いを代弁した。

 1月の食事会では「事務所一丸となって頑張ろう」と呼び掛けた。このときSMAPの5人も勢ぞろいした。解散という結論を今は尊重している近藤だが、SMAPはその思いに反して、確執を抱えたまま別々の道を歩むことを決めた。

 なぜ解散まで突き進んでしまったのか。メンバー間の「確執」は今に始まったことではない。特に個性の違う中居正広(43)と木村拓哉(43)は、これまでも一定の距離感を保ちながら活動してきた。ストイックに自分を追い込む中居と、スタッフと意見交換しながら歌や作品を作り上げていく木村。目指すゴールは同じでもアプローチの仕方が違うことを互いに尊重しているからこそ、押しつけ合うことはなかった。

 SMAPを引っ張ってきた木村と中居は今回、グループ存続で一致していた。しかし、香取慎吾(39)、草ナギ剛(42)、稲垣吾郎(42)の3人が「解散」を希望した。それは女性マネジャーが去ったことが大きい。

 5人の「共存」は、女性マネジャーのバランス感覚によって成り立っていた。インタビューを答える順番や舞台衣装のデザインまでも細かく管理し、メンバーのプライドを傷つけずにさばいていた。あくまで「生みの親」「育ての親」はジャニーズ事務所の社長でプロデューサーのジャニー喜多川氏(84)だが、女性マネジャーも欠かせない存在だった。しかし1月の独立騒動の責任を取って退社。解散を加速させることとなった。

 特に香取の解散の意志は一番強かった。女性マネジャーを母親のように慕っていたからだ。草ナギと稲垣はかつて不祥事を起こした際、仕事復帰へと導いてくれたマネジャーへの感謝を忘れていない。ジャニー氏と同じくらい大きいものだ。

 マネジャーは去ったが、今回、全員が希望して事務所に残留したのは、ジャニー氏への恩義から。しかし5人がまとまって活動する理由はなかった。グループ存続を望んでいた中居と木村も、最終的に3人の強い主張を受け入れた。

 今月10日に香取らが事務所に解散の意志を伝えたとき、木村はプライベートの休暇のため米ハワイに飛び立っていた。メンバーの1人でありながら、重大局面に立ち会うことなく「解散」を受け入れた。ファンも先輩も誰もが存続を望みながら、狂った歯車は壊れるしかなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000233-sph-ent

※前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1471297210/
続きを読む

smapsmap
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/07/29(金) 05:09:53.11 ID:CAP_USER9.net
まさかの紅白落選、そして“休眠”へ――。1月に解散騒動が表面化した国民的アイドルグループSMAPに、
暮れのNHK「紅白歌合戦」の「落選」がささやかれ始めた。
この夏、民放各局の音楽特番に一切出演しないことで、業界がざわついているのだ。
これまで23回の出場を誇る常連SMAPは、過去に2回辞退したことはある。だが、落選となれば話は別。
9月から来年8月までの「25周年イヤー」の展開次第では、そのまま“休眠”しかねない状況だという。

9月にはCDデビュー25周年を迎えるSMAPだが、活動実態としては解散騒動をいまだ引きずっている。

この夏は、メンバーの中居正広(43)が司会を務めた16日の大型歌特番「音楽の日」(TBS系)でさえ、出場を見送ったSMAP。
業を煮やした明石家さんま(61)が23~24日の「27時間テレビ」(フジテレビ系)で
「ファンのために歌番組なんで出ぇへんねん?」「ファンのためにレコードは出したほうがええ」などと中居に直言したほどだ。

「9月に行われるといわれている契約更新については、メンバーが更新をしないでそのまま解散という最悪の事態は免れそうですが、
退社した育ての親で敏腕マネジャーだったI女史がSMAPから離れてからは、グループとしての新たな活動はない。
ジャニーさん(喜多川・ジャニーズ事務所社長)から『盛大にやる』と言われていた25周年記念コンサートも、年内は行われない雰囲気になっているし、
新曲の方も制作部門に動いている気配はないんです」とはある音楽関係者。

そんな状態だけに、SMAPが常連となっている大みそかの紅白歌合戦出場にも暗雲が垂れ込めてきたという。同関係者が続ける。

「NHKの中ではまだ紅白の話は出てませんが、SMAPはこれまでにも出場辞退したことがあるから、
“今回も同じような感じでいいんじゃないか”っていう雰囲気になっている。
今年はジャニーズ側も出さないだろうとまでいわれています」

SMAPは1991年の初出場以降、23回出場している。出場しなかったのは2回。
2001年、メンバーの稲垣吾郎(42)が不祥事を起こしたタイミングでの辞退と、
2004年に「新曲を出さなかった」ことを理由に辞退したことがある。

「かといって、せっかく持っている紅白出場枠をみすみす逃すのもなんだからと、
今年はデビュー20年目を迎えた『KinKi Kids』をその枠に推すんじゃないかといわれています。
SMAPに関しては25周年の記念コンサートもそうですが、25周年イヤーそのものは来年8月までありますからね。
そこまでに何かしらの形にすればいいのでは、という考えが見え隠れする。
だから、年内はグループの活動をしないのでは、とさえいわれています」(同関係者)

表向きは「辞退」にしてもその実情は、ジャニーズ事務所による「出場停止」。つまりSMAPを落選させて、他のグループを“繰り上げ当選”させるということだ。

しかも「この流れは今年に限ったことではなく、来年以降も続く可能性もある」(芸能プロ幹部)との声まで聞かれる。

「I女史に代わって古参のスタッフがSMAPを仕切ることにはなっていますが、結局、騒動から半年以上経過しても動けてないし、実際のところメンバーをまとめきれていない。
そんな現状が続いてもジャニーズの幹部連中はテコ入れをしようとも考えていない様子。
こういう動きを見ていると、そのまま、なし崩しにグループを名前だけのものというか、あってないようなものにしてしまうんじゃないかと思えちゃうよ」(同幹部)

国民的アイドルグループはどこに行ってしまうのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000006-tospoweb-ent

東スポWeb 7月29日(金)5時0分配信
続きを読む

Ch1ui9NUUAATyGh
1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2016/06/22(水) 12:23:56.06 ID:CAP_USER9.net
 いまだに尾を引くSMAPの分裂・解散騒動だが、所属するジャニーズ事務所の中居正広に対する配慮ついて、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 騒動ではいち早くメンバーのうちキムタクこと木村拓哉が事務所への残留を表明。結局、SMAPの“育ての親”ともいうべき元女性チーフマネージャーが事務所を退社し騒動が収束した。

 そのジャッジを下したのが、事務所のメリー喜多川副社長。特に中居のキムタクに対する反発が強く、メンバー全員の契約が今年9月で切れるのを待って、独立するのではと言われている。

 同誌によると、そんな中居に対する配慮として浮上しているのが、ジャニーズ事務所内に中居のための個人事務所を設立、ジャニー社長の下に取締役として中居が就任するというプラン。SMAPの仕事はこれまでどおりジャニーズの案件だが、ソロの仕事は個人事務所で受け持つ体制だという。

 ただし、これはあくまでジャニー社長が引退するまでの暫定措置で、いずれ中居社長として完全独立の日が来るというだけに、いずれにせよ、中居の独立、そしてSMAPの解散は避けられない事態だというのだ。

 「先日、キムタクらが参加した石原軍団の炊き出しはジャニーズ事務所が全面バックアップし、メディアが大々的に取り上げた。それに対して、中居はお忍びで被災地を訪問し、事務所はメディアに対しその様子を扱うことをよしとしなかった。

そのあたりでも、さらに中居の不満が高まっているはず。ジャニーズの上層部もさすがに中居のケアをしなければ、とようやく思い始めたのでは。現状、中居のタレント価値はかなり高いだけに、独立されるのもジャニーズにとってはダメージが大きい」(芸能記者)

 今後の中居の動向がますます注目される。 
夏ギフトは隠れた人気商品が狙い目!! 人とは違う「差がつく夏ギフト」とは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000007-reallive-ent
続きを読む

4f679_759_12a38f3e_044f993e-cm
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/06/09(木) 08:22:56.99 ID:CAP_USER9.net
配布が遅れていたSMAPファンクラブ向けの会報がここにきてようやく送られてきたことが関係者の間で新たな臆測を呼んでいる。

116号と117号の「合併号」の体裁をとっているこの会報の中でメンバー5人が初めて「解散」を否定しているからだ。例えば木村拓哉(43)はこんな具合。

「海仲間も心配してくれて『あれって解散する……ってことっスか?』なんて天然な質問してきて『だから、しないって言っただろ!』って、こっちは苦笑いで答えたり」

クーデターの首謀者と目された中居正広(43)が「今回の件で、SMAPがどれだけ皆さんに支えられていただいているのかということを、改めて強く感じました。
これからもよろしくお願いします」と言えば、他のメンバーも「SMAPというグループの大きさに改めて驚いた」(稲垣吾郎)、
「今回、自分たちのことを応援してくれる人がこんなにもいるんだ……っていうのを、肌で感じることができた」(草彅剛)、
「SMAPというグループの大きさを今回改めて感じました」(香取慎吾)という歯の浮くような言葉のオンパレードで、
“反逆4人組”もスッカリ「白旗」の体なのだ。気になるのは、どうしてこのタイミングになったのかだが……。

芸能評論家の肥留間正明氏が解説する。

「“公開処刑”と称された例の会見も実は“謝罪”をしただけで解散を否定したものではなかった。
そのため、会見後もキムタクと他のメンバーとの間ではギクシャクが続いていたと聞いています。
一方、SMAPとジャニーズ事務所との契約更新は9月に迫り、25周年記念コンサートの開催もアヤフヤだった。
すでにジャニー社長が解散については否定していましたが、ファンクラブの会報で再度否定することで解散説を完全に封じ込め、25周年に向けて動きだした格好です」

“育ての親”の女性マネジャーを追放した以上、4人組を黙らせるのはそれほど難しいことではなかっただろう。

では、これを機にSMAPは国民的アイドルグループとして再生するのか。

「それは難しいと思います。騒動がきっかけで事務所内ではすでに世代交代が進んでしまっているからです。
来年公開される映画の主演を見ても、キムタク以外は岡田准一、大野智、山田涼介らに代わっている。
さらに売り上げで見ても現エースの嵐が330億円なのに対してSMAPは180億円。
今後はSMAPが出演していた番組やCMなどが順次、他のタレントに差し替えられるはず。
事務所サイドとすれば、勝手なことは許さない上に、グループとしての今後の活動も封じて“鉄の掟”の厳しさを業界内に見せつけるのではないでしょうか」(前出の肥留間正明氏)

国民的グループも今後は「飼い殺し」というわけか。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/183083
2016年6月9日
続きを読む

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2016/05/07(土) 12:12:40.33 ID:CAP_USER9.net
SMAP・中居正広(43)が出演する4月1日から放送のスマートフォン向けゲームアプリケーション
「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(通称・デレステ)の新CMが業界内で話題だ。

中居はトップアイドルを目指す駆け出しアイドル“スケートボーイ”として登場しているのだが…。
「とにかく見ていてイタかった…。テレビ界でも、なんであんなCMを受けたのか?と多くの業界関係者が首をかしげています」(業界関係者)

CMは中居がバブル期を連想させる歌番組のド派手なステージで、黒髪マッシュルームカットのカツラをかぶり、
胸に星のついたピンクのタンクトップ、白い短パン姿で登場するもの。

「下手な歌やダンスを披露しているが、笑いも取れる中居を見せるというのならばいいのですが、どうなのかという声はあちらこちらで聞く」(芸能プロ関係者)

実はCMに限らず、最近の中居の扱いは疑問符が付くものばかり。

「3月に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、中居はエキストラとして再現VTRに登場しますが、最後まで出演者にもスタジオ観覧者にも気づかれず、
自ら打ち明けるという情けない展開が放送された。

また4月に放送された『金曜日のスマイルたちへSP』(TBS系)ではゲスト出演した石原慎太郎氏に
『あなたの言うこと、よく分からないな』などと打ち合わせを無視した毒舌を浴びせられた」(放送作家)

 原因は、育ての親とも言われるI女史(59)がいなくなったこと。「事前の番組やCMの構成内容について細かくチェックし、
企画書から演出プランを読み取れるマネジャーがいないんです」(関係者)。

ジャニー喜多川社長(84)の「SMAP解散否定」発言で、こんな状況が変わるとも思えないが…。

東スポWeb 5月7日(土)9時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000013-tospoweb-ent

メイキングムービー
https://www.youtube.com/watch?v=NM2v5uhMdRc
続きを読む

↑このページのトップヘ