芸能事件録

芸能事件を振り返ります

タグ:視聴率

smapsmap
1 名前:三毛猫 φ ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/07/26(火) 10:14:02.84 ID:CAP_USER9.net
スポニチアネックス 7月26日 10時9分配信

 25日に放送されたフジテレビ「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)の平均視聴率が10・3%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

 25日の放送回は俳優の濱田岳(28)と桐谷健太(36)がやってみたいことに木村拓哉(43)が
付き合う特別編だった。

 浜田と木村は車で山梨・山中湖へ向かう。「フライボード」という水上高く上がるボードに挑戦したいと
いうことで、2人でチャレンジする。桐谷と木村はキャンプをしに東京・奥多摩を訪れる。テントを買う
ところからスタート。アウトドア専門店で「カレーを作りたい、コーヒーを飲みたい、キャンプファイアを
したい」と言う、桐谷の要望を満たすために必要な物を買い込む。木村のキャンプ料理に桐谷は感動。
そしてたき火を前に2人で「夜空ノムコウ」「海の声」を熱唱する…という内容だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000096-spnannex-ent
続きを読む

be805ff5b2718c5c64fbd263e5d9a952_s
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/07/05(火) 08:30:55.74 ID:CAP_USER9.net
ジャニーズ事務所のアイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバーであり、俳優としても活動している中島裕翔(22)に対する配慮が、テレビ各局で行われている。

中島は7月から放送がスタートする夏の新ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)で主演をつとめることが決定している。
当番組が放送される日曜9時は、視聴率3%という数字を叩き出して打ち切りになってしまった『OUR HOUSE』が放送されていた時間枠。
その裏番組には、根強い人気を持つTBSの「日曜劇場」がある。嵐の松本潤(32)を主演に据えた『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)が、
大ヒットドラマとなったのは記憶に新しい。過去にも、『半沢直樹』や『下町ロケット』(ともにTBS系)などが大ヒットしている。

しかし、今回『HOPE』に対抗する日曜劇場枠の新ドラマ『仰げば尊し』の主演に抜擢されたのは、ベテラン俳優の寺尾聰(69)だ。
ストーリーも重厚な大人路線のドラマなのかと思いきや、学校と部活をテーマにした学園ドラマとなっている。そんな意外すぎる人選と内容に、
一部では「これは視聴率とれないだろ」「コケそう」と早くも放送前から不安の声が囁かれている。しかし、これこそが中島に対する配慮なのだと関係者は言う。

「『HOPE』は中島にとって初の連続ドラマ出演作。ジャニーズの若手有望株として猛プッシュされている中島を、『OUR HOUSE』の二の舞にだけはしたくない。
一方でTBSでは、来年1月期にSMAP・木村拓哉(43)主演のドラマが決定している。
その事情もあり、ここでヒット作を出してジャニーズの機嫌を損ねないための策と考えられます」(芸能関係者)

本来ならば攻めの姿勢を見せるところであろうTBSであるが、中島及びジャニーズへの今後の配慮を考えると、最も無難な対応がこの方法だったのだろう。

■ウワサになった女優・吉田羊も中島を配慮?

また中島およびジャニーズへの配慮はこれだけに及ばないようだ。
中島と言えば、今年の4月に女優の吉田羊(年齢非公表)との年の差熱愛報道が伝えられた。

その吉田が自身初となる連続ドラマの主演に抜擢されたことが、先日発表された。
吉田が主演をつとめるのは、WOWWOW開局25周年を記念して製作され10月スタートとなる『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』だ。
アメリカの大ヒット作を日本版にリメイクして製作され、吉田は未解決事件を捜査する敏腕女性刑事を演じる。

ちなみに中島主演の『HOPE』も韓国の大ヒットドラマのリメイク版。
どことなく中島と関連するものがあるが、一部ではここにもジャニーズや中島への配慮があるという声がある。

「“海外ドラマのリメイク”という共通点で話題がカブることと同時に気になるのは、吉田のドラマは地上波ではないということです。
人目に触れることを極力避けるように、主演発表以降の目立ったプロモーションが見つからない。
これもジャニーズに対するひとつの配慮なのではと噂されています」(前出・ライター)

ジャニーズ事務所のタレントと噂になった女優は「干される」ともいわれているが、
現在人気上昇中の吉田にとって急な露出減は事務所にとっても大きな損失だ。熱愛の代償は大きい。

http://dailynewsonline.jp/article/1156969/
2016.07.05 08:10 デイリーニュースオンライン
続きを読む

1 名前:三毛猫 φ ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/06/10(金) 21:02:55.27 ID:CAP_USER9.net
SMAPの木村拓哉が、来年1月に主演ドラマが決定していることはすでに様々な媒体で報じられているところ。枠はTBSの看板『日曜劇場』らしい。

SMAP解散騒動で「裏切った」というイメージがついてしまった天下のキムタクだが、ジャニーズ事務所側に入ったことで
「優遇」を受ける立場になったのも事実。騒動後間もなく「ドラマ主演」が明らかになるあたりもその流れだろうか。

ところが、そのドラマの「ヒロイン役」がなかなか決まらず、制作側は大慌てとのこと。
2度共演した柴咲コウはもちろん、綾瀬はるかや満島ひかり、ブレイクした波瑠からもNGが出たとか……。

SMAP解散騒動でイメージが下がったから、と思うかもしれないが、もともとキムタクはドラマでの「注文」が多く、
役者もふくめ周囲はそれに振り回されることが茶飯事だったそう。
我が世の春状態だった90年代~00年代の頃はそれでも許容するレベルの人気ど吸引力があったが、
今のキムタクにはそれほどの“価値”がないということだろうか。

「自身のためにSMAP独立に反旗を翻したキムタクですが、それが自身の芸能活動に大きなダメージを与えることになったとは皮肉です。
共演する女優や事務所も、口には出さないでしょうが今のキムタクの“評判”を知っているはず。
以前はキムタクドラマの視聴率が振るわないと『共演が悪い』とトバッチリを受けることで避ける場合もあったのでしょうが、今回の共演拒否はその根本理由が違う。
キムタクと共演すること“そのもの”にメリットが見当たらないということではないでしょうか」(記者)

来年1月、キムタクの主演ドラマはその内容はもちろん「視聴率」も大きな注目を集めるに違いない。
数字が低くなれば「キムタク神話」は完全に崩壊し、その注目度から共演にもデメリットが生じるかもしれない。決してローリスクではないのだ。

世間イメージは凋落したキムタク。自身の地位を押し上げたドラマで、再びスターダムに返り咲くことができるのか注目だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1143511/
2016.06.10 15:01 ビジネスジャーナル

※前スレ 06/10 17:10
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465546225/
続きを読む

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/06/10(金) 17:10:25.48 ID:CAP_USER9.net
SMAPの木村拓哉が、来年1月に主演ドラマが決定していることはすでに様々な媒体で報じられているところ。枠はTBSの看板『日曜劇場』らしい。

SMAP解散騒動で「裏切った」というイメージがついてしまった天下のキムタクだが、ジャニーズ事務所側に入ったことで
「優遇」を受ける立場になったのも事実。騒動後間もなく「ドラマ主演」が明らかになるあたりもその流れだろうか。

ところが、そのドラマの「ヒロイン役」がなかなか決まらず、制作側は大慌てとのこと。
2度共演した柴咲コウはもちろん、綾瀬はるかや満島ひかり、ブレイクした波瑠からもNGが出たとか……。

SMAP解散騒動でイメージが下がったから、と思うかもしれないが、もともとキムタクはドラマでの「注文」が多く、
役者もふくめ周囲はそれに振り回されることが茶飯事だったそう。
我が世の春状態だった90年代~00年代の頃はそれでも許容するレベルの人気ど吸引力があったが、
今のキムタクにはそれほどの“価値”がないということだろうか。

「自身のためにSMAP独立に反旗を翻したキムタクですが、それが自身の芸能活動に大きなダメージを与えることになったとは皮肉です。
共演する女優や事務所も、口には出さないでしょうが今のキムタクの“評判”を知っているはず。
以前はキムタクドラマの視聴率が振るわないと『共演が悪い』とトバッチリを受けることで避ける場合もあったのでしょうが、今回の共演拒否はその根本理由が違う。
キムタクと共演すること“そのもの”にメリットが見当たらないということではないでしょうか」(記者)

来年1月、キムタクの主演ドラマはその内容はもちろん「視聴率」も大きな注目を集めるに違いない。
数字が低くなれば「キムタク神話」は完全に崩壊し、その注目度から共演にもデメリットが生じるかもしれない。決してローリスクではないのだ。

世間イメージは凋落したキムタク。自身の地位を押し上げたドラマで、再びスターダムに返り咲くことができるのか注目だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1143511/
2016.06.10 15:01 ビジネスジャーナル
続きを読む

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/26(木) 07:47:49.18 ID:CAP_USER9.net
5月22日に放送されたドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の平均視聴率が、13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と全話中最低の記録であることが明らかになった。
本作は今期ドラマの中でもトップクラスの人気を誇っているが、一部の視聴者が作中に差し込まれる小ネタにウンザリした様子を見せている。

■理由は女子バレー延長だけじゃない?

嵐の松本潤(32)が刑事事件を専門に扱う風変わりな弁護士・深山大翔を演じるドラマ『99.9』。香川照之(50)演じる佐田篤弘らとともに、
起訴されれば裁判有罪確率が99.9%と言われる刑事事件に隠された0.1%の事実を追求していく。
22日放送の第6話では、佐田が検察官時代に担当した事件に“ウソの目撃証言”があった可能性が取り沙汰され、真相をつきとめるべく深山たちが奔走した。

本作は人気が高く、今期ドラマの中でもトップクラスの視聴率を誇っている。
しかし第6話の視聴率は、前週の第5話に記録した18.9%から急降下して13.3%。初めて15%を下回った。

第6話が放送された時間帯には、フジテレビが女子バレーボールのオランダ戦を放送。
こちらは12.6%をマークした。リオ五輪出場が決定した21日のイタリア戦の20.4%には及ばないものの
同放送がバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)とともに「『99.9』の視聴率を食ったのではないか」という意見が巷で出ている。

とはいえ、一部視聴者の評価に陰りが感じられる。その要因の一つが、放送内に差し込まれる、笑いを狙った小ネタだ。

ドラマ開始時の4月は、深山のパートナー・明石達也役のラーメンズの片桐仁(42)が、作中で“土下寝”や“目を開けたままの睡眠”、片桐制作の粘土細工
「カレイPhone 6 Plus」などを披露して話題になった。そんな影響もあってか、ここ最近の回では深山の住む飲食店に顔を出す
アフロヘアーの知り合いを二人増員したり明石にコントを展開させたりするなど、コミカルなネタがいくつも差し込まれているのだ。

しかしSNSやネット掲示板を中心に、それら小ネタに対して「つまらない」「しつこい」とウンザリする視聴者が微増している様子。
それでも、公式サイトでは深山らが口走る親父ギャグを募集するなど小ネタ作りに精力的だ。

「肝心の事件を追求するメインストーリーが、1話や2話より切れ味がにぶくなってきた印象もあります。
小ネタに走りすぎず、足を使った捜査が得意な松本さんと法人企業などに強いコネクションをもつ香川さんの関係性を生かすことに集中するだけで十分だと思うのですが」(報道関係者)

次回の放送は5月29日。クライマックスに向けて、ストーリーを盛り上げて視聴率を回復させていくことができるのか?
それとも新しい小ネタがヒットして話題作りに再び成功するのか……?

http://dailynewsonline.jp/article/1134862/
2016.05.26 07:06 デイリーニュースオンライン
続きを読む

1 名前:忍次郎 ★@\(^o^)/[] 投稿日:2015/09/07(月) 14:06:15.81 ID:???*.net
 8月30日に放送された『NHKのど自慢』に、「番組開始70年の顔」として起用されているSMAPがゲスト出演した。
一般の出場者と気さくに絡む姿は視聴者に好評だったようで、視聴率も今年最高の12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得。
SMAPの魅力が改めて評価されるとともに、『NHK紅白歌合戦』の司会登板を希望する声もあがっている。

 キムタクが替え歌披露の大サービス

 今年の4月から、『のど自慢』の特別応援企画を展開しているSMAP。
この日、神奈川県・秦野市で行われた生放送に演歌歌手の坂本冬美(48)とともに登場し、香取慎吾(38)はスペシャルMCとして小田切千アナウンサー(45)と進行を担当。
他のメンバーは出場者に混じって席に座り、合間には個性豊かな出場者たちとトークを繰り広げた。

 そしてエンディングでヒット曲「SHAKE」を披露。木村拓哉(42)は自身のパートで、
「のど自慢の日は~鐘が2つでもイライラしない~! yeah!」
 と替え歌するなど、出場者や観客を盛り上げた。
( >>2 以降に続きます )
櫻井翔舞台挨拶が「出る出る詐欺」だって?
デイリーニュースオンライン 2015.09.07 12:00
http://dailynewsonline.jp/article/1009737/
続きを読む

2003年10月24日、日本テレビ放送網は、安藤正臣プロデューサーが視聴率調査会社、ビデオリサーチの調査対象世帯に、現金などを渡して自分が制作した番組を見るように依頼していたと発表した。

安藤プロデューサーは、外部には秘密になっている調査対象世帯を、興信所を使った数ヶ月にわたる尾行で割り出したという。その費用は当初百数十万円発表したが、実際は600万円を超えることもまもなく明らかになった。ビデオリサーチが不正工作に気付き、抗議をした後もモニター世帯への工作を続けていたという(2003年10月29日付『日刊ゲンダイ』)

11月14日の「金曜ロードショー」で放送予定だった米映画「15ミニッツ」は、「視聴率争い」を行うストーリーのため、「配慮しすぎとも思ったが、こういう時期だから」(日本テレビ広報部)と放送を延期した。

11月18日には、幹部社員や自局の番組のコメンテーターなどで構成する“お手盛り”のそしりを免れない「調査委員会」による調査報告書を発表。プロデューサーが「社内での自分の評価を高めるためにした行為と考えられる」などと他人事のようにまとめ、「他の役員・社員が視聴率操作に関与したとは認められなかった」と、組織ぐるみであることを否定した。また、費用は当初、自身が負担していたが、その後は番組制作費の水増し・架空請求で捻出したとし、水増し・架空分の総額は1007万円余と報告した。

総務省は11月21日、おわびに訪れた同局の氏家斉一郎会長ら代表取締役3人に麻生太郎総務相が文書で厳重注意。再発防止策をとるよう行政指導し、半年をめどにその後の状況を報告することを求めた。

結局、買収は安藤プロデューサー以外の人間も関与していたのではないかという疑いや、長期間にわたる大がかりな調査対象世帯の割り出し工作から考えて会社ぐるみではないかという見方も強く残ったまま、こんにち、なしくずしに人々の記憶からフェードアウトしかけている。

この事件は「視聴率主義の行き着く先」と批判されたが、CMで成り立っている民放が視聴率を気にすること自体は、おかしな話ではないと思う。誤解を恐れず書けば、視聴率主義は大いに結構。視聴者を意識しない方が、よほど困りものではないか。

ただ問題は、その数字の取り方であろう。より多くの視聴者に見てもらいたいから番組の中身を充実させる、という「視聴率主義」ならいいが、そういう努力もせずに、手っ取り早く結果(視聴率)だけを欲しがる「合理主義」が問題なのである。やらせやセンセーショナリズムなども、それが背景にある。

しかし、考えてみるとそうした「努力の道順を素通りするプロセスなき合理主義」ともいえる風潮は、テレビ局だけではない。

知名度のあるタレントなら無原則に選挙に担ぎ出す政党。「なぜ」と問う思考力よりも、結論としての解答の暗記力が決め手になる受験戦争。人柄を自分で確かめることなく、学歴や収入で結婚相手を値踏みするセレブ志向の女性たちと、コンピユータで相手を決める結婚相談所……。社会は、すべき努力をすっとばした「プロセスなき合理主義」に満ちているではないか。

物事には全て、原因があって結果がある。すべき努力をせずにいい思いをしようなんてムシが良すぎる。原因を素通りして結果を求める「合理主義」など、実はたんなる非合理主義でしかないのだ。

★参考文献
『平成の芸能裁判大全』(鹿砦社)

↑このページのトップヘ