芸能事件録

芸能事件を振り返ります

タグ:風当たり

shizuka-kudo
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/09/05(月) 15:49:23.55 ID:CAP_USER9.net
SMAP木村拓哉の妻である工藤静香が、9月2日発売の「フライデー」の直撃取材に応じ、その発言に大きな注目が集まっている。

「工藤は取材に対し、『どうして私たちが裏切り者呼ばわりされなきゃならないの!』と世間の風潮に猛反論しました。
これまで様々なメディアでSMAP解散の原因は、木村と工藤にあると報道されていたことで、積もりに積もったうっぷんが爆発したのでしょう。
彼女は"工藤がSMAPを潰した”という一部報道に関しても『工藤静香とSMAPは何の関係もない』『潰す意味がない』と完全否定しました」(芸能記者)

また工藤は、木村がSMAPが解散や活動休止になろうとも、25周年コンサートの実現には一生懸命だったと説明。
さらに、独立に関しても「事務所を出たほうが潤うはずです。独立すればもらっているお給料より収入はよくなる」「だからお金が目的なら出るべきです。
でも仕事ってそういうものじゃないでしょう? 人と人のつながりで人間は生きている」「4人の方々がどうお考えなのか。それぞれの価値観の問題」と感情的に語った。

しかし、この発言がSMAPファンから怒りを買っているという。

「工藤は『私たちは悪いことなんて何もしていない』『独立すれば収入は上がるが、大事なのは人の繋がり』と語りました。
これはつまり木村以外の4人が、お金欲しさに独立を企てたと言っているようなものです。
そのため、記事を読んだSMAPファンからは『4人は決してお金のために独立しようとしたんじゃない』
『これは違うでしょ! 4人を侮辱しないで』『ファンに対して気遣いがなさすぎる』と工藤に対する怒りの声が殺到しました」(前出・芸能記者)

また25周年コンサートに関しても、「ジャニーさんが何と言おうと、首を縦に振らない人だっているわけだから」と、木村以外の4人への批判を続けた工藤。
今回、真相はどうあれ、ここまで感情を露わにしたことで、ファンからの風当たりはさらに強くなってしまったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1191091/
2016.09.05 14:25 アサ芸プラス
続きを読む

ishihara
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/06/29(水) 07:37:30.52 ID:CAP_USER9.net
SMAPの分裂・解散騒動は、いまだ燻り続けている。メンバー個人の活動は見られるものの、グループとしての活動は激減。と同時に、
メンバーに対しては、御用メディアによるネガティブな報道がなされることも少なくない。

特に中居正広(43)に対する風当たりは強い。今年4月に起きた熊本地震に際し、中居が何度も現地へお忍びで赴き、
炊き出し支援に参加していたにも関わらず好意的に報じられることはなかった。

その一方で、木村拓哉(43)が石原プロモーションの炊き出し支援に参加した様子は、大々的に報道された。
木村が炊き出しに参加した件については、木村と同行したメンバーがTOKIOの長瀬智也(37)、
V6の岡田准一(35)で、石原裕次郎新人賞の受賞者であることから声がかかったと言われている。

しかしこれはあくまでも表向きの理由であって、中居の独断の行動に対抗するために講じた事務所側の措置なのではといった噂も出ているのだ。

さらに、こうした中居と木村の間に生まれた溝を伝える報道に加えて、メンバー最年少の香取慎吾(39)が、
騒動の最中ドラマの打ち上げで「自死するかも」とほのめかしていたというエピソードも話題になっている。
香取自身は冗談めかして語ったようだが、SMAP自体が「問題あり」な状態であるだけに、
現場に居合わせたスタッフたちは気が気でない状態だったと言われている。

「木村以外のネガティブ報道はまだしばらく続くかもしれません。とくに事務所としては騒動時に残留を決めた木村を評価し、
全面的にプッシュしたいという意向もあるはず。
世間的に“SMAPの新リーダーは木村である”ということを世間に意識してもらう間は、
事務所としては徹底してこのような姿勢を取るのではないでしょうか」(芸能関係者)

■解散はしないが”心はバラバラ”のSMAP

メンバー間にぎくしゃくした雰囲気が漂い続けるSMAPだが、解散に関して事務所は「否定」の姿勢を貫いている。
5月にはジャニーズ事務所の社長をつとめる、ジャニー喜多川氏(84)が解散を否定する発言を行った。
さらに6月上旬には、8カ月ぶりにファンクラブの会報が発行され、メンバーが「SMAPは解散しない」と表明したインタビューが掲載されている。
解散を完全に回避する姿勢について、関係者の間では違った解釈もあるという。

「いかなる策を講じようとも、今後メンバー間の溝が埋まることはないでしょう。
そこで新生『SMAP』を作ろうとする動きがあると言われています。
“他のグループからメンバーを引っ張ってくる” “メンバーが激減のKAT-TUNとの合併”などの仰天プランも噂されています」(前出・関係者)

真偽は定かではないものの、こうした噂が立つほどにSMAP内部はまだ混乱を続けているのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1152364/

2016.06.29 07:06 デイリーニュースオンライン
続きを読む

↑このページのトップヘ